恋愛と結婚の違い

恋愛と結婚の違い

恋愛と結婚の違い

私自身は3年前に結婚をしましたが、結婚をしたからこそ解った恋愛と結婚の違いがあります。

恋愛は、とにかく終始ドキドキしていて、メールが返ってきたり、会える日が決まっただけで飛び上がるほど嬉しかったのを覚えています。
その人が今日も自分の事を好きでいてくれてるか時には不安に駆られたり、裏切られて悲しい気持ちになったり。そういったスリル感も恋愛の醍醐味だと思います。
ただ、そういうスリル感のある人とは絶対結婚はできないなと感じました。
結婚生活で一番大切なのは、相手の方と同じ方向を見て、一緒に切磋琢磨頑張っていけるかどうかという所です。
なので『自分の事好きじゃないかも』『今日も連絡が遅い』という初歩的な不安要素は結婚ではまずあってはいけないのです。
そういう部分が一切ない安心感が結婚での醍醐味なのです。
結婚すると、どんなにヤンチャだった人もすっかり落ち着くというのは、そういう安心感や家庭への責任感が出るからなのかなぁと思います。
恋愛のドキドキをいつまでも楽しみたいという人は、結婚には向いていません。ドキドキできるのは、恋愛のある意味特権だと思います。

結婚して幸せになれる人、なれない人

幸せになれる?

ここ数年で、私の周りでは沢山の友人が結婚しました。

でも、結婚して幸せそうな人とそうでない人の差が3年くらい経つと出てきています。
その特徴を記載したいと思います。
まず、授かり婚をした友人は、かなりの確立で旦那さんへの愛が薄れています。
やはり結婚をしたい相手と核心を持つ前に子供を授かっての結婚なので、相手の事をきちんと見極めて結婚していない方が多いようです。
3年くらいして、既に家庭内別居状態という声を聞きます。
また、家庭よりも仕事や友人との時間を優先したいという友人も、結婚生活は楽しめていない様子が散見されます。
そして、結婚生活がとても幸せそうな友人のは、夫婦で共通の趣味がある家庭。
料理や掃除など、奥さんが家庭の事を一生懸命やっている家庭は円満の兆しがあるかと感じます。
共働きであれば夫が家事に協力的であったり、夫婦で同じ方向を見て頑張っている様子が伝わる家庭はとても幸せそうです。
結婚する前に相手が自分と本当に合う人なのか、家庭を大切にしてくれる人なのかを見極めるのは非常に難しい事ですが、長く続く結婚生活を幸せに過ごす為にも、しっかり相手の事を知ってから結婚する事をお勧めします。